治療の痛みが苦手な方へ

「歯科治療=痛い」はまったくの誤解です

「歯科治療=痛い」はまったくの誤解です

「歯医者は怖い場所」「歯科治療は痛いもの」というイメージや過去の経験から、通院をためらってしまっている方も多いのではないでしょうか? しかし、虫歯や歯周病はどんどん進行してしまうため、痛みを我慢したり症状を放置したりしてもいいことはありません。治療を後回しにすればするほど治療にともなう痛みは大きくなり、治療期間は長くなり、治療費も高額になってしまうからです。

横浜市戸塚区の歯医者「おくだデンタルクリニック第二診療所」では、レーザー機器の採用や麻酔の工夫などによって、できるだけ痛みの少ない治療(無痛治療)のご提供に取り組んでいます。痛みに弱い方や歯科治療が苦手な方は当院へご相談ください。

麻酔科医が麻酔を行うので安心です

麻酔科医が麻酔を行うので安心です

当院には経験豊富な女性麻酔科医がおり、静脈内鎮静法を用いた処置や外科手術時の全身管理などを行っています。歯科治療に不安がある方はもちろん、心身に不調をきたすほど歯科治療をストレスに感じてしまう歯科恐怖症の方、高血圧などの症状をお持ちの方でも安心して治療を受けていただけます。

痛みを抑えるための取り組み

当院では治療時の痛みを抑えるために、次のような取り組みを行っています。

カートリッジウォーマー

麻酔液と体温との温度差が大きいほど注入時の刺激が大きくなり、痛みの原因になります。当院ではカートリッジウォーマーを使用し、注射前に麻酔液を人肌程度まで温めることで痛みを軽減しています。

電動麻酔器

当院ではコンピューター制御によって注射の圧力・速度をコントロールできる電動麻酔器を採用しています。圧力・速度を一定に保つことで、注入時の痛み(圧痛)が軽減できます。

極細麻酔針

注射針が細ければ細いほど、痛みは感じにくくなります。当院では針先の太さが0.2mm程度しかない「33ゲージ」という非常に細い注射針を使用しています。

静脈内鎮静法

点滴で徐々に麻酔を効かせていき、眠ったような状態で治療を行う方法です。治療時の痛みや不快感がほとんどないので、歯科恐怖症の方や嘔吐反射の強い方でもリラックスして治療を受けられます。当院では、麻酔科医が静脈内鎮静法の処置を担当します。

レーザー治療

レーザー治療は痛みや腫れを軽減でき、患部の早期治癒が期待できる治療です。歯周病や初期の虫歯治療に使用されますが、ほとんどの場合は麻酔なしでの治療が可能です。歯を削る際に出る機械音や振動もありませんので、恐怖心も和らぎます。

ドックスベストセメント

従来の虫歯治療では、虫歯菌に感染した部分は削って除去するしかありませんでした。しかし、銅イオンの殺菌力によって虫歯の内部を無菌化できる薬剤「ドックスベストセメント」なら、歯を削るという痛みをともなう治療が最小限ですみます。

東戸塚の「おくだデンタルクリニック第二診療所」では、一人ひとりの患者様が持つ治療への不安や恐怖心に配慮しながら治療を行っています。ご心配な点は遠慮なくお尋ねください。

痛みをともなう治療は、メインテナンスで避けられます「おくだデンタルクリニック第二診療所」の定期メインテナンスはこちら