虫歯や歯周病にならないために~予防歯科~

痛くなくても歯科医院に通う「予防習慣」が重要です

痛くなくても歯科医院に通う「予防習慣」が重要です

「歯医者さんは、痛くなってからいくところ」と考えていませんか?虫歯歯周病は初期段階ではほとんど自覚症状がなく、痛みや腫れなどを感じたころにはかなり進行してしまっています。つまり、歯科医院には「痛くなってから」ではなく、「痛くなる前に」もしくは「痛くならないように」通うことが大切なのです。

東戸塚駅西口から徒歩0分の通いやすい歯科医院「おくだデンタルクリニック第二診療所」では、患者様の将来の健康を大切に考え、予防歯科や定期検診に力を入れています。虫歯や歯周病は適切な予防によって発症を防げる病気です。生涯にわたって自分の歯で美味しい食事を楽しめるように、「痛くなってからの治療」ではなく「痛くなる前の予防」に努めましょう。

患者様と歯科医院の二人三脚で効果的な予防を

患者様と歯科医院の二人三脚で効果的な予防を

お口の健康を守るには、定期的に歯科医院で普段のブラッシングでは落とし切れない汚れを取り除く必要があります。しかし、歯科医院で患者様のお口の状態を毎日把握することはできません。せっかく定期的なプロケアでお口をきれいにしていても、毎日のホームケアを怠ったり間違ったブラッシングを続けたりしていると、予防効果は半減してしまいます。

患者様と歯科医院の二人三脚で効果的な予防を

効果的な予防を継続するコツは、「一人で頑張らないこと」。当院の予防歯科では、歯科医師・歯科衛生士と患者様の二人三脚によるメインテナンスを行っています。互いにコミュニケーションを深めながら、患者様一人ひとりにとって最適なメインテナンス方法をご提案いたします。どちらか一方だけが頑張るのでなく、私たちと患者様がともに頑張ることでより効果の高い予防が実現できるのです。

歯科医院でのケア方法

おくだデンタルクリニック第二診療所の予防歯科メニューをご紹介します。

  • PMTC
  • PMTC
PMTCは専門の器具を使った歯のクリーニングです。日ごろのブラッシングでは落とし切れない汚れを徹底的に除去するので、着色汚れや口臭にも効果があります。最後に歯面をなめらかに仕上げて、汚れの再付着を防ぎます。
  • フッ素塗布
  • フッ素塗布
歯質を強化するフッ素を歯の表面に塗布する処置です。フッ素は虫歯菌が出す酸への抵抗力を高めるほか、歯の再石灰化を促す働きもあるので、定期的に塗布することで虫歯予防に役立ちます。
  • ブラッシング指導
  • ブラッシング指導
毎日のブラッシングは予防の基本。しかし、正しい方法でみがかなければ、きちんと汚れを取り除くことはできません。当院では患者様一人ひとりのお口の状態に合った正しいブラッシング方法のほか、歯ブラシや歯間ブラシの選び方、デンタルフロスの効果的な使用方法などをアドバイスいたします。
  • 歯周ポケットのクリーニング
見えている部分に付着した汚れと比べて、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに溜まった汚れは固着力が強く、除去しにくいのが特徴です。当院では特殊な器具を使用して歯周ポケット内をクリーニングし、口臭や歯周病を予防します。
ご自宅で効果的なケア方法

自己流のブラッシングではどうしてもみがき残しが出てしまうもの。当院では予防ケアの際に効果的なブラッシング方法をアドバイスしています。「みがいている」のでなく、「みがけている」状態を目指しましょう。

  • 歯ブラシ
  • 歯ブラシ
  • スクラッピング法
  • スクラッピング法
歯と歯ぐきに対して歯ブラシを直角に当て、小刻みに動かしていきます。力を入れ過ぎずやさしくみがくのがポイントです。
  • バス法
  • バス法
歯のつけ根に対して45度の角度になるように歯ブラシを当て、小刻みに動かして歯周ポケットに入り込んだ汚れを除去します。
  • デンタルフロス
  • デンタルフロス
デンタルフロスは、細い弾力のある繊維の束でできた糸状の器具です。歯ブラシでは落とし切れない、歯と歯の間に入り込んだ食べカスやプラークを取り除きます。指に糸を巻きつけるタイプと、ホルダーに糸が張られているタイプがあります。歯ブラシと併用すると効果的です。
  • 歯間ブラシ
  • 歯間ブラシ
デンタルフロスと同様に、歯ブラシでは取り除けない歯と歯の間の汚れを除去する器具です。歯間の大きさに合わせてサイズが5種類あります。サイズが合わないものを使うと歯や歯ぐきを傷つけてしまいます。ご自分の歯の状態に合ったものを選びましょう。

駅近・大型駐車場完備で通いやすい おくだデンタルクリニック第二診療所の医院概要はこちら